スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサードリンク
 

2013年と2014年の家計支出の比較と分析

スポンサードリンク

ちょっと時間ができたので、2013年と2014年の我が家の家計支出を比べてみたいと思います。

まずは、月別の比較です。

◆2013年と2014年家計支出の比較(月別)
201314graf.gif

201314hihaku.gif

(クリックすると少し大きな画像で見られます。)
※貯蓄は入っていません。

まず、合計から見ると、前年比110%でした。
全体的には、前年よりアップした月が多いですね。
しかも、150%超えが4回も。
ただ、前年より下がった月を見ると、70%以下と、かなり下がっています。
ということで支出合計は、110%アップに落ち着いたようです。
グラフを見ると、2013年は2014年に比べると、支出の多い少ないの差が大きいですね。
2013年の5月、12月が突出しています。
これは、後で書きますが、車の車検があるかないかということです。


では、項目別の支出を見てみます。

◆2013年と2014年家計支出の比較(項目別)
201314koumoku4.gif
(クリックすると少し大きな画像で見られます。)

上がった項目、下がった項目が出てきましたね。
まず、子ども費!
前年比1000%超え!!
これは、保育園に入園してその保育料の影響なので、しょうがないんですよね。

それから、車諸経費。
58%ダウン。
先ほども書きましたが、車検が2台分なかったので、こんなに下がりました。
これも、車諸経費の内訳は、別の記事に書いているので、それをご覧ください。
1年間の車の維持費(2700cc)
1年間の車の維持費(1500cc)


では。
消費税増税で影響を受けたであろう、水道・光熱費と食費の月別の支出比較も載せてみますね。

まずは、水道・光熱費。(表では「電気・ガス・水道」)

◆2013年と2014年家計支出の比較(水道・光熱費)
201314kounetuhi.gif

支出合計は、前年比117%アップ。
ほとんどの月で上がっています。
2月から4月までは、暖房器具が増えたので、その影響です。
冷房器具は増やしていないので、8月に多かったのは、前年度よりも暑くてクーラーを多めに入れたからかな?
使用量も比較すればいいのですが、すみません、明細を捨てたので比較できません。汗

では、消費税増税の影響は?
少しはあったんじゃないかと思っています。
増税に加えて、電気料金って、基本料金も上がりましたっけ??
うろ覚え。汗
でも、毎月の明細を見ると、以前よりも上がってるなーという感覚があるので、光熱費は年々高くなっているんでしょうね。


次に食費。
◆2013年と2014年家計支出の比較(食費)
201314syokuhi3.gif

ほとんどの月でアップしています。
減った月、特に8月は、2013年は帰省しなかったけど、2014年は帰省して家を留守にしたので、食費があまりかからなかった影響です。
2014年の4月、5月あたりを見ると、増税直後で消費を抑えた感じがしますが、その後はどんどん増えていますね。笑
増税後の買い控えは2か月くらい経てば元に戻るのかな?

増税の影響は、少なからずあったと思います。
食費の予算は増税後も変わらず3万円にしていましたが、3万円では収まらないなぁと感じていました。
子どもも増えるし成長するしで、食費を減らすことは考えていませんが、増えすぎには注意しようと思います。



というわけで、まとめないといけないんですが。
合計支出は前年比26万円、110%アップという結果でした。
でも実は、世帯収入は57万円、116%アップなんです。

収入が上がれば、支出も増えますよね。
増えた分、そのまま使っているわけではなくて、ちゃんと貯蓄に回す分も確保しているので、自分によく頑張りました賞をあげたいです。笑


今年、2015年は、私が仕事をいったん退職するので、収入は2014年と同じか少し下がるかなと見込んでいます。
一方、子どもが1人増え、車の車検があったりと、支出は2014年よりも増えそうな予感です。
車検については先取り積立をしているので、家計へのダメージは少ないと思いますが、その他の項目で使い過ぎに気をつけて2015年を過ごしていきたいと思います。

いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
関連記事
スポンサードリンク
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。