スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサードリンク
 

2014年に買った絵本~選んだ理由と子どもの反応~

スポンサードリンク

2014年に子どもに買った絵本です。
絵本選びに悩んでいる方の参考になればと思います。
ちなみに、子どもは年少の男の子です。



カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)
津田 光郎
新日本出版社
売り上げランキング: 4,481

●選んだ理由
電車というか、踏切が好きなので。
踏切がメインに描かれたこちらを選びました。

●子どもの反応
始めのページから、アナウンス調の文章で進んでいます。
「これ誰が喋ってるの?」と、答えようのない質問をされましたが。汗
カンカンカンのリズムが気に入ったようです。




こぶたほいくえん (幼児絵本シリーズ)
中川 李枝子
福音館書店
売り上げランキング: 115,181

●選んだ理由
「保育園に行きたくない」という子どもに、保育園に馴染んでもらおうと思って。
癒される絵柄です。

●子どもの反応
子どもが行ってる保育園と、このこぶた保育園との比較をしてました。
「これはどこにあるの?」とか、保育園のことを教えてくれたりしました。
ただ、これを読ませたことで、保育園が好きになったわけじゃないかな。笑




よーいどん! (ピーマン村の絵本たち)
中川 ひろたか
童心社
売り上げランキング: 55,357

●選んだ理由
運動会シーズンに買いました。
中身は小学生の運動会ですが、幼児でも楽しめる内容です。

●子どもの反応
始めの、「よーい」「うどん!」にはまったようで、ギャハギャハ笑ってました!
そこだけ何度も何度も読まされました。笑
ただの運動会の本ではなくて、言葉遊びや絵柄探しなどが含まれていて、楽しめる要素はたっぷりです。




グリーンマントのピーマンマン (えほん・ドリームランド)
さくら ともこ
岩崎書店
売り上げランキング: 20,303

●選んだ理由
ピーマンが嫌いだから。それだけ。笑

●子どもの反応
あんまり好きじゃないかな?笑
ピーマンは好きになりませんでした。笑




ピーマンマンとドクター・ダマカス (えほん・ハートランド)
さくら ともこ
岩崎書店
売り上げランキング: 199,581

●選んだ理由
「同じシリーズの本は買わない」と決めていたけど、息子が「保育園にあるから欲しい」と言ったので買いました。

●子どもの反応
「グリーンマントのピーマンマン」よりは、反応がいいです。
ひとつの物語として楽しんでいます。
ピーマンは好きになってないです。笑




はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
加古 里子
福音館書店
売り上げランキング: 40,101

●選んだ理由
歯磨きが嫌いだから。
レビューを見たら、「歯磨きをするようになった」とか書かれていたので。
文章が多いので、幼児でも年少向きではなかったかも。
でも、絵はとてもリアルに伝わってくるので、絵を見せるだけでも効果はあるかもしれないです。
歯を磨かないと歯がボロボロになる様子が、わかりやすく書かれています。

●子どもの反応
あまり好んで見ません。笑
嫌なことは見ない子のようです。
歯磨きをしないときは、「歯磨きしないと、歯がボロボロになるよ」と言ってみるけど、怖いようだけどあまり効果がありません。
まだ見せるのは早かったかな?
今後に期待!




ぼくのトイレ (わたしのえほん)
鈴木 のりたけ
PHP研究所
売り上げランキング: 31,044

●選んだ理由
トイレが好きで、外出先でトイレを見つけると、必ず「トイレ行きたい!」と言うので。

●子どもの反応
さまざまなトイレが登場します。
まだ字が読めない息子は、「これは?これは?」と、トイレの名前を聞いてきます。
かなり食いついています。笑
トイレが好きな子はたまらないと思います。




あっちゃんあがつく―たべものあいうえお
さいとう しのぶ みね よう
リーブル
売り上げランキング: 3,761

●選んだ理由
ひらがなを覚えてもらいたいなと。
食べることが好きな子どもなので、食べ物でひらがなを覚えてくれやすいかな?と思って。

●子どもの反応
食べ物にはすごく反応しています!!
「これ好き!食べたい!今度食べよう!」とか、「これ嫌い」とか。
私も見てるだけで、食べたくなっちゃいます。笑
ただ、ひらがなを覚えるまではいっていないです。
今後に期待!






以上、8冊をご紹介しました。
この中で、息子が一番食いついているかな?という本は、よくわかりません。笑

うちの子はまだ字が読めないので、長い文章の本は反応が薄いと感じました。
そのような本は、これから読んでくれることに期待しています。

絵本に関するこちらの記事も見てみてください♪
絵本は中古で十分
幼児期の絵本の選び方で悩んでいる方に

いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
関連記事

tag : 子育て

スポンサードリンク
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。