「家事ハラ」意味わからん

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


つい最近、こんなニュースが話題になったようで。

7割の夫が妻から「家事ハラ」を受けたと回答。その具体的な内容は?
(マイナビニュースより)

この記事で取り上げられている「家事ハラ」とは、「夫の家事協力に対する妻のダメ出し行為」だそうで。
旭化成ホームズの「共働き研究所」が、調査して発表したらしいけど…。

これ、「30代~40代、子育て中の共働き夫婦」に対するアンケートだそうで。

「共働き」なのに、「夫の家事協力」?
意味がわからない。

さらにこのページ見て、
「家事ハラ」か? 妻のダメ出しが夫の家事意欲をこんなに凹ませる!
(共働き研究所サイトより)

笑っちゃうーというか、あきれるー。
「妻は何気なく言った言葉でも、夫はこんなに傷ついている」だって!笑
子どもですかね?


私も、「家事ハラ」したことあるわー。
夫が食器を洗ってくれたら、泡が残ってたんですよ。
(泡くらいちゃんと落とせよ。)と思ったけど、
「泡ついてる」って言いましたよ。
それを、根に持ってましたよ。笑
直さないといけないのは、私?

このときは、私は専業だったので、「洗ってくれてありがとう」と言いました。
というか、洗ってくれたとき、言ったり言わなかったりですけど。
夫が洗ってくれたとき、私は何もしないわけじゃなくて、愚図る息子の相手をしてるんですけどね。
私が「洗ってくれてありがとう」と言うなら、夫も私に「愚図った息子をあやしてくれてありがとう」と言ってくれてもおかしくないと思うんだけど。

感謝することが大切だと思うけど、我が家の場合。
「○○してくれて、ありがとう」と夫に言ったことで、
「手伝ってあげて、感謝されるのが当たり前」になったら困る…。
感謝されなくても家事をできる人ができることをやるのが、妻として夫として、親としてごく自然のことだと思うのに。

共働きを研究してるところが、こんなこと発表しちゃうなんて。
勘違いする人が増えなきゃいいな…。


でさ、たまに見るのが、収入が少ないほうが、家事をたくさんやるべきだ!という意見。
これも、理解できません…。
たくさんお金を稼いでいるほうが、偉いの?
同じ家族なのに、偉いとかあるの?
そういう家庭って悲しくない?
手が空いているほうがやれば、効率よくない?

一方が料理してる間に、もう一方は洗濯物を畳むとか。
汚れていたら、気付いた人が掃除するとか。
ゴミ出しは、家を早く出るほうがやるとか。

なんで、家事が基本妻の仕事になってるのか、理解できません。


で、私が育った環境は、まさに夫は仕事!妻は家事!の家庭でした。
父は仕事に専念で、家事はいっさいやらず。
母は、私たち子どもが小さな頃は専業だったけど、小学校に入る頃からパートを始めました。

母が働く際、父にこう言われたそうです。
「パートに出てもいいけど、家事はしっかりやるように」

この言葉に母は反論せず。
母も「妻は家庭で夫を支えるもの」という考えで、パート、家事、育児、ちゃんとこなしていました。
私は結婚して家庭を持って、母のすごさがわかりました。
でも、私は母の考え方には賛成できなくて。
家庭を持ったなら、夫と妻、立場は一緒。
給料が高い低いって、夫婦のあり方に関係ないと思っています。
父と母は、「給料ありきで生活できている。だから給料もらえる人が偉い。その人の考えに従うべき」という考え方。
そういう時代って、もうとっくに過ぎたと思うんですが。

専業を選ぶか共働きを選ぶか、家庭によって、それぞれだと思うけど。
家では、夫は何もしなくてもいいという考え方は、古い。
でさ、共働きと専業とか、基本的に関係ないんじゃないかと。
家で自分でやれることくらいはやって欲しいよ。


うちの夫も、男が稼いで、それありきで家庭が成り立ってると思ってる人で。
正直、夫と結婚する前は、夫は家事を協力してくれる人だと思っていました。
そして、子育ても積極的にしてくれる人だと思っていました。
一人暮らし歴が長いし、料理もちょっと作れるって言って、実際に作ってくれたこともあって。
子どもも好きそうな感じで、小学生の甥っ子の話をよく聞いたりしたので。
でも、全っ然違いました。
確かに、できないことはない。
でも、言わなきゃやってくれない。
基本、やってくれない。
息子と遊ばず、スマホゲームで遊ぶ時間のほうが長い。
私が、夫が協力的だと勘違いしたみたいです。
結婚する前にわかるだろ、という人がいるかもしれないけど、実際に結婚してみないと、わからないことが多いです。

つい先日、夫の帰りが遅いときがありました。
そのとき、私は息子と2人で夕飯をすませ、食器を洗おうと思ったんだけど、息子が「僕がやる!」と。
まだ3歳なので、もちろんきれいには洗えません。
私が後で洗いなおさなければいけません。
でも、時間に余裕があったので、息子に「終わったら教えてね!」とお願いをして、私はその間に洗濯物を畳みました。
息子が「終わった!」というものの、やっぱり私が全部洗い直し。笑
でも、洗濯物は畳み終わったので、ひとつが家事がったんです。

これが、夫がいると、夫は基本的に洗濯物を畳んでくれないので、
私は洗い物+洗濯物を畳む時間がかかります。
息子が食器を洗って(?)くれていたおかげで、私は洗濯物を畳むことができて、洗い物も息子がてきとうだけど洗ってくれたおかげで、さっと洗うだけで済んで、なんと、いつもより家事をする時間が短くて済んだんです。
洗い物1+洗濯物1だったのが、洗い物0.8+洗濯物1くらいに。
うちでは息子より働かない夫…
どうなのそれ。



先のサイトの話に戻るけど、共働きのあるべき家庭の姿って、研究しなくてもわかるんじゃない?
お互いがお互いを思いやって、家事協力や育児するなんて、自然のことじゃない?

「妻の家事ハラ」をドラマ風に再現したムービーとかさ。
観たら笑っちゃった。
逆にさ、こっち(妻)がこういうこと言われて、家事から遠ざかるとか、ありえないんですけど。
ちゃんとできてるか、確認しないとダメなレベルってことで、次は言われないようにしようとかさ。
じゃあ苦手だから、これはやって。その代りこれはやるから、とかさ。
そういう風な考え方にならないのかな。
いちいち、「傷ついた、気分悪くなった、だから家事しない」って。
子どもかよ。

こんなムービー作るより、共働き家族の理想の姿とかさ。
お互いがお互いを思いやっている家庭のムービーを作るとかさ。
たぶんだけど、男って、イメージができない人が多い気がするんですよ。
まだまだ、男が仕事、女が家事というのが、当たり前だと思っている人が多いんじゃないかと。
(少なくとも、うちの夫は思っていると思う。)

アニメでも、サザエさん、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん、ドラえもんとかさ。
家庭がよく出てくるアニメって、父が働いて、母が家で家事してる姿が普通に描かれてて。
共働き家族のアニメとか作ったほうが、よっぽど世の中のためになると思うけど。
観るか観ないか、面白いかは知らないけど。

妻側も、夫が稼いでいるおかげで生活できてるから、家事をすべきだって、思わないほうがいいと思う。
確かに、夫の稼ぎがなきゃ、生活できないかもしれない。
でも、結婚した時点で、夫婦って平等なんだよ。
稼ぎの多さで家事やるやらないを判断するもんじゃないと思う。
そういう夫婦って、悲しすぎる。



なんてね、言いたいことバラバラと書きすぎて、まとまりない記事ですが。汗

最後に、これについて、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんのブログが、もう腑に落ちすぎる!!
夫が家事をしてくれない、と悩んでる妻の方、ぜひ見てください。
というか、夫も見るべき。みんな見るべき。
「家事ハラ」は完全な「セクハラ」です!
(長谷川豊公式ブログより)
関連記事

tag : 子育て

コメント

こんにちは。
わたしも先日、ネットで同じニュース記事のタイトルを見かけましたが、
タイトルだけでイラッと来て中身までは見ませんでした。(苦笑)

本当に、アホらしい話ですよね。
お皿洗い、すなわち「汚れたお皿を綺麗にする仕事」を頼んでいるのに、
汚れが残ったままでも平気な顔をして、
それでいて文句を言われると「何だよ、やってやったのに」と不機嫌になる。
どう考えても、悪いのは、頼んだ仕事をこなさなかったほうです。
(もちろん、注意の仕方、言い方はあると思いますけどね。)
たまたま環境が「家庭」なだけであって、もしお給料を頂く「職場」であれば、
バイトであれ正社員であれ「仕事ができない」→「クビ」という結果になり得ます。
じゃあ、お金がもらえないから適当で良いのかと言えば、
お金をもらわずに「家事」という仕事を頑張り続けている
お母様方・奥様方はどうなるの? と…。

私情で恐縮ですが、わたしの彼氏は、過去にその手の仕事をしていたこともあり、
わたしよりも遥かに料理が上手です。
なのに、「休みの日くらいご飯作ってよ」と言っても、「え~…」って。それしか言いません。
「なんで作ってくれないの? あんたのほうが上手じゃん」と言うと、
「だって、面倒臭い……」。
つまり、わたしが面倒な仕事を押し付けられていることに関しては、
何とも思ってないということですよね。悲しいことに。

高校生の頃、お世話になった先生(男性)が、盛んに
「子どもには、『お金をもらわずにたくさん家の仕事をしてくれるお母さんが一番偉い。
だから、お母さんの言うことはちゃんと聞きなさい』と教えている」
と言っていました。(当時、幼いお子様がいらっしゃったのです。)
当時は、それほど気にも留めていませんでしたが、
今となっては、嫌なくらい身に染みる言葉です。
今の彼氏と結婚して、将来子どもができたとき、
子どもにそんな言葉を聞かせてくれるでしょうか?
……たぶん、無理です。(涙)

そうそう、お金の件で言えば、確かにお金がないと生きてはいけません。
パートタイマーのわたしより、正社員の彼氏のほうが稼いでいることも事実です。
でも、自分の収入に見合った金額を(家計費として)毎月出しているという意味では、
稼ぎが多いか少ないかは問題ではない! …というのがわたしの言い分。(笑)
何よりも、もしわたしが正社員になったとしたら、
彼氏は今よりも家事をしてくれるでしょうか?
しないでしょう。絶対。今となんら変わらないと思います。

日本人の文化・習慣として、「男は仕事、女は家庭」という概念が根付いてしまっているのは、
仕方のないことだと思います。
過去にタイムスリップして、歴史を変えられるわけでもありませんから。(^_^;)
ただ、これだけ「共働き」だの「イクメン」だのと世間で騒がれていながら、
それでもまだ「自分は無関係」だと思い込んでいる男性が多いのは残念でなりませんね。
大変失礼ながら、管理人様のご主人様も、そのようにお考えなのではないでしょうか…?
もちろん、うちの彼氏もです。

この現状を改善するには、メディアが頑張るか、親が頑張るか、教師が頑張るか、
それくらいしか方法がないと思います。
その点、今回の誤解を生みそうな「家事ハラ」問題は、本当に遺憾です。
一番は、やはり、親が子ども(特に男の子)に教え込むことですね。
子どもは吸収が早いですし、これからの時代を生きていくのは子どもたちですから。

と、ずいぶん長くなってしまい、申し訳ありません。
ついつい熱くなってしまいました……(>_<)
まだまだ女性が苦しむ時代(!?)ですが、お互いに頑張りましょう…!
またお邪魔いたします(´▽`)ノ

ブログ楽しく拝見してます☆すごい共感できる記事でした!o(`ω´ )o読んでてスカッとしたので初めてコメントしてしまいました〜(^_^)

きなこさん、こんにちは!
返信がすごく遅くなって、申し訳ありません。


> わたしも先日、ネットで同じニュース記事のタイトルを見かけましたが、
> タイトルだけでイラッと来て中身までは見ませんでした。(苦笑)

あはは。
最近のニュースって、タイトルだけだと意味がわからないことが多いんですよね。
実際見ると違ってたりとか。
なので、気になるニュースは中まで見ることにしてますが…

この「家事ハラ」という言葉が意味不明でした。
家事をしない夫のことを、妻に対する「家事ハラ」だと思ってましたよ。汗


> お皿洗い、すなわち「汚れたお皿を綺麗にする仕事」を頼んでいるのに、
> 汚れが残ったままでも平気な顔をして、
> それでいて文句を言われると「何だよ、やってやったのに」と不機嫌になる。

男の人って、家事=女の仕事というイメージがありすぎますよね。
家事を「やってやった」じゃなくて、やるのが当たり前のことだと思ってほしいですよね。
当たり前と思えば、汚れていたことを指摘したとしても、素直に受け止められると思うのに。


> 私情で恐縮ですが、わたしの彼氏は、過去にその手の仕事をしていたこともあり、
> わたしよりも遥かに料理が上手です。
> なのに、「休みの日くらいご飯作ってよ」と言っても、「え~…」って。それしか言いません。
> 「なんで作ってくれないの? あんたのほうが上手じゃん」と言うと、
> 「だって、面倒臭い……」。
> つまり、わたしが面倒な仕事を押し付けられていることに関しては、
> 何とも思ってないということですよね。悲しいことに。

めんどくさいこと、押しつけてきますよね。笑
男の人がやったほうが、効率がいいこともあると思うのに。
そうそう、大変だろうなということまで、考えてないんですよね。汗

ちなみに。私の友人(男)も飲食店で働いていて、仕事で料理をするから、家では絶対に作らない!って言う人がいます。
わかる気もするんですけど、たまには作ってくれてもと思いますよね。


> 高校生の頃、お世話になった先生(男性)が、盛んに
> 「子どもには、『お金をもらわずにたくさん家の仕事をしてくれるお母さんが一番偉い。
> だから、お母さんの言うことはちゃんと聞きなさい』と教えている」
> と言っていました。(当時、幼いお子様がいらっしゃったのです。)

えー!!すごくいい先生ですね!
そういう先生や大人が増えてくれるといいですね。
そうですね、高校生の頃って、そう言われてもたぶんピンとこないですよね。
私も、子どもができて、初めて母のすごさを身に染みて感じています。

うちの夫もそんな言葉、言いそうにありませんよ。汗


> そうそう、お金の件で言えば、確かにお金がないと生きてはいけません。
> パートタイマーのわたしより、正社員の彼氏のほうが稼いでいることも事実です。
> でも、自分の収入に見合った金額を(家計費として)毎月出しているという意味では、
> 稼ぎが多いか少ないかは問題ではない! …というのがわたしの言い分。(笑)
> 何よりも、もしわたしが正社員になったとしたら、
> 彼氏は今よりも家事をしてくれるでしょうか?
> しないでしょう。絶対。今となんら変わらないと思います。

我が家のことを言うと…
どうやらうちの夫は、お金にすごくとらわれている人です。
今まで、私は仕事の時間も稼ぎも少なかったんです。
その状態だと、夫は家事をあんまりしてくれなくて。汗
私は、これじゃ嫌だと思い、時間が長い仕事に変えました。
そしたら、夫が少し協力的になったんです!!
収入や仕事の時間が増えれば、うちの夫は家事をしてくれるようになりました。
それでも、もっとやって欲しい!と思っちゃいますけどね。汗

>稼ぎが多いか少ないかは問題ではない!

私もそう思ってるんですが、男の人は理解ができないのかも…。
これは、そう簡単には解決できそうにないですね…。


> ただ、これだけ「共働き」だの「イクメン」だのと世間で騒がれていながら、
> それでもまだ「自分は無関係」だと思い込んでいる男性が多いのは残念でなりませんね。
> 大変失礼ながら、管理人様のご主人様も、そのようにお考えなのではないでしょうか…?
> もちろん、うちの彼氏もです。

えぇ、うちの夫、息子ができたときに母子手帳と一緒に父子手帳をもらったんですが、それを捨てた男ですからね!
きなこさん、今の彼氏さんとご結婚されると、苦労されるでしょうね・・・。


> この現状を改善するには、メディアが頑張るか、親が頑張るか、教師が頑張るか、
> それくらいしか方法がないと思います。
> その点、今回の誤解を生みそうな「家事ハラ」問題は、本当に遺憾です。
> 一番は、やはり、親が子ども(特に男の子)に教え込むことですね。
> 子どもは吸収が早いですし、これからの時代を生きていくのは子どもたちですから。

そうなんですよね、子どもに教えていくことが重要だと思っています。
男だから女だからじゃなく、平等だということを教えていこうと思っています。
そして、私はたまにこうやってブログに書いて、訴えようと思います。笑


返信長くなりました。汗
暑い日が続きますが、体調に気を付けてくださいね!

かぼちゃさんへ

こんにちは♪
コメントありがとうございます。
そしてご覧いただき、ありがとうございます。

スカッとしました!?笑
ちょっと怒りをぶつけてしまったので、しまったなーと思いましたが、そう言って頂いて、書いた甲斐があります。

家計簿ブログとして始めたけど、たまにこういう話題も書こうと思います。
また見に来てくださいね♪(^^)

はじめまして

あなた様のおっしゃる通りだと思います。
家事に女も男もないと思っています。
一人の人間として、大人としてやるべき労働だと思っています
何故女性、妻=家事なのかさっぱりわかりません

夫婦は平等、その通りだと思います

>ローさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

そうですよね、家事は男女関係なく1人の人間として、最低限やらなきゃいけないことがあると思います。
自分でできることは自分でやるし、誰かがやれないことは手伝ったり。
そういうことに、たくさんの人が早く気づいてほしいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する