年間収支グラフからわかること

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


手書きの家計簿のみを利用している方に向けて、手書きの年間収支グラフ用紙をダウンロードできるようにしてみました。
年間収支グラフダウンロード

で、我が家の2013年度の収支を書き込んでみました。




このグラフの黒色は収入、青色は支出です。



これ見て何がわかるかというと。

まず、1年で一番出費が多いのが、5月です。
その理由は、「メモ」欄にも書いてあるとおり、「妻車検」です。
車の税金もあったけど、メモに書き忘れました。汗
車検は2年に1回ですが、あると家計に大ダメージがあるということがわかります。




次に多いのは11月。
夫の実家に帰省するための交通費をここに計上しているためです。
ボーナス前なので、ボーナス前借で対処しています。

次は7月。
義母への仕送りが響いています。
次は12月で、ここでも仕送りが響いていますね。

逆に、支出が少ない月もあります。
8~10月は、特に大きな出費がありませんでした。

おそらく、今年も9月10月あたりは出費が少ない予想。
ここで、なるべく先取り積立をして、赤字の月に回そう、という予定を立てることができます。




今年は、息子が保育園に入ったので、その関連費などが増えたので、2013年のグラフと同じような形を描くことはないと思いますが、だいたい大出費の予定を見ることができます。

まぁ、年計表を見れば、なんとなくわかるんですけどね。笑
こうやって、グラフにしてみると、また違う発見があるかもしれません。
何より、面白いですよ。笑
学生時代、数学でノートにグラフを書いていたことを思い出します。笑

これを毎年書くことで、収支の変化を見た目で感じることができます。

貯金額を書いたりしても、いいかもしれないですね!
毎月の貯金額ではなく、累計を書いていけば、モチベーションアップになるのではないでしょうか?
(ちょっと欄が足りないけど。)

そんな感じで、とりあえず用紙を作ってみたので、興味のある方は使ってみてくださいね。
ダウンロードはこちらの記事(⇒年間収支グラフダウンロード)をご覧ください。
関連記事

tag : 家計簿

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する