コストコと日本製のキッチンペーパーを比較

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


友達から、コストコのキッチンペーパーをもらいました。
どうやら、たくさんもらって、友達も使い切れないとのことで。

初めて見たんだけど、大きいんだねー!!
ところで、よくテレビでコストコのキッチンペーパーを買ったりするのを見るけど、お得なの?
ってことで、
比較してみました。

私がもらったコストコのキッチンペーパーは、Bounty(バウンティ)というもの。
”セレクトAサイズ”って書いてあります。
一つ一つが個包装されています。
かわいいプリントもしてある!
BOUNTY バウンティ キッチンペーパー
 aAmazonで購入
 R楽天で購入


対する、今回比較する日本製のもの。
エルモアの「強力吸収キッチンタオル2倍巻」です。
強力吸収2倍巻 キッチンタオル 100カット
 R楽天で購入

今我が家が使っている、という理由で、この2つを比較します。


ではまず大きさの違いから。

エルモアコストコ
Bounty
全長100カット
(22m)
129カット
(約19.6m)
1カット
の大きさ
長辺228mm
短辺220mm
長辺279mm
短辺152mm
1カット
の面積
約501cm2約424cm2
重ね2枚重ね2枚重ね


●見た目
横に並べてみた。
どう見ても、コストコの方がビッグサイズ!

上から見ても、全然大きさが違いますね。
2倍くらい、大きさが違います。


でも、全長を見ると意外や意外。
エルモアのほうが長い。
エルモアのこのタイプは、「2倍巻き」。
通常タイプは、50カットらしい。


●1カットの大きさの比較

エルモアはほぼ正方形なのに対し、コストコは長方形。
面積を比べると、エルモアのほうが大きいです。


●表面

両方とも、エンボス加工(デコボコ)があります。
コストコのほうが、デコボコが多い。
デコボコが多いほど、給水力が多いはず。
タオルなども、デコボコが多いほど、給水してくれますよね。


●厚さ

エンボス加工が多いせいか、コストコの方が厚く見えます。
触った感じ、どちらが厚いのかはわかりません。


●触り心地
コストコの方が厚く感じる。
エルモアのほうが柔らかく、コストコのほうはしっかりしている感じ。
コストコの方が質は高そうだけど、触り心地って人それぞれだからなぁ。

●引きちぎってみた感じ
コストコのほうが、破れにくい。



これだけ見ると、コストコのがいいのか、エルモアの方がいいのか、いまいちわかりませんね。
1カットの面積はエルモアのほうが大きいので、エルモアのほうが給水力があるのか?
はたまた、エンボス加工が多いコストコのほうがいいのか?
実際に、給水させてみました。


●給水力
同じ大きさにカットして比べたほうがいいのかな?と考えたけど、キッチンペーパーって使うときは1カットずつなので、1カットで比較しました。

両1カットを置き、それぞれ大さじ1杯の水を垂らしてみました。


写真を見てもわかる通り、エルモアはほぼ水びたしなのに対し、コストコはまだ濡れていない部分があって、余力があるようす!
ペーパーをどかしてみて、下に残った水を見たら、よりわかりやすい。
エルモアは、まだまだ水が残っていますが、コストコは少ししか残っていません。
わかりにくいかな?


で、濡らしたペーパーを丸めて、ぎゅっと水をしぼって大きさを比べてみました。
面積はエルモアの方が大きかったはずなのに、コストコのほうが丸が大きい。
(エンボス加工が多いので、その分厚さがましているのかもしれませんが。)
これは、1カットに使用している紙が、コストコのほうが多い証拠ですね。




てことで、コストコのキッチンペーパーのほうが、給水力があり、しっかりしている、と言えると思います。


肝心の、値段を比較してみます。
エルモアのほうは、4ロールで298円だった気がします。
増税前のだいぶ前に買ったので、うろ覚えだけど。

コストコのほうは、もらいものなのでわかりませんが。
Amazonにあった値段で比較しますね。
12ロールで3,237円。

エルモアコストコ
入り数と
値段
4ロール
298円
12ロール
3,237円
1ロール
当たり
74.5円約270円
1カット
当たり
約0.7円約2円

コストコのほうが1カットあたり3倍近く高い!
ですが。
そもそも、エルモアのこのキッチンペーパーと、コストコのキッチンペーパーを比較するのが間違いだったかもしれません。
コストコのほうが、質が高いから。
エルモアじゃなくて、コストコの質に近いキッチンペーパーの値段を比較したほうがよかったかも。
せめて、「2倍巻」ではなくて、通常巻きのほうと比較すれば、値段も僅差だったかもしれませんね…。

ということでまとめると。
Bountyのキッチンペーパーは、値段は高いけど質も高く、値段相応なのかな!




さてさて。
実際みなさん、キッチンペーパーって、何に使っていますか?

私は、水切りに伏せたお皿を食器棚にしまうとき、まだ残っているわずかな水分を拭いたり、
揚げ物をしたときに、お皿の下に敷いたりしています。
掃除などではあまり使っていません。

なので、今使っている、エルモアのキッチンペーパーで十分なのですが。
揚げ物のときに使う場合、これからはコストコのキッチンペーパーにしてみようかな。
エルモアは2〜3枚敷いても物足りない感じだったけど、コストコのならしっかり油を吸ってくれるかも。

掃除に使っている、という方は、コストコのほうがいいかも知れません。
ボロボロになりにくいと思います。

なので、どう使うかによって、使い分けですかね。
めんど…だけど。笑



なんだか、役に立つのか立たないのか微妙な比較になってしまいましたが。笑
みなさんのご参考になれば、嬉しいです。

Bountyのキッチンペーパーは、通販でも買うことができます。
BOUNTY バウンティ キッチンペーパー
 aAmazonで購入
 R楽天で購入
関連記事

tag : 生活の知恵 比較

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する