年収500万で年100万円貯める

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


もしもシリーズ!
(今勝手に作った。笑)


もし、年間100万円貯めるなら、我が家はこうする、ということを書いてみたいと思います。

よく「年間○○円貯める方法」とかあるけど、じゃあ年収いくらなの?って疑問に思っていました。
年収1,000万と、年収500万円じゃ、負担が大きく違いますよね。
(年収1,000万円だったら、毎月約8万円、自動積立すればいけそう。我が家の場合だったら。)

なんかあんまりピンとこないので、我が家を例に「年収500万円」と固定してみました。
そして3人家族(夫婦+幼児)です。
家賃3万。車2台持ち。田舎住まい。
こんな家庭、いるかどうかわかりませんが。笑


とりあえず、昨年(2013年)の収支を例にしてみますね。
昨年、年収500万で、手取り総額 約350万円でした。
(家賃、夫の各種保険、食堂代など抜いて、家計簿に計上した金額)

月収は、平均約22万円。
ボーナス年2回で、1回あたり約45万円。

まず、ボーナスでいくら貯められるか考えました。
1回45万なので、30万円くらいいけるかな!
てことは、年2回で60万円貯められます。

目標100万円ーボーナス60万円=40万円

残り40万円を、12ヶ月で割ると、

40万円÷12=3.3万円(ひと月に貯めたい金額)

月収22万円ー3.3万円=18.7万円

つまり、18万7000円で、1か月生活できるようにすればいい。
(家賃抜きで)

そこで、予算を組んでみます。
●1か月の予算
項目金額
電気・ガス・水道12,000
ネット・携帯33,000
食費30,000
衣服3,000
医療3,000
交際費5,000
娯楽費5,000
日用品5,000
子ども費※5,000
車諸経費20,000
夫小遣い10,000
先取り積立56,000
合計187,000
(※昨年、保育園に行ってなかったときの計算です)

これが、大きな出費がないときの予算です。
大きな出費は、先取り積立とボーナスから出すようにします。

娯楽費や衣服費が、我が家はキツキツですが。
どうでしょうか?
この予算内で生活すれば、年間100万貯金ができる計算です。



で、実際の我が家の昨年度の年計。
●2013年度支出【年計】
項目金額
電気・ガス・水道142,963
ネット・携帯413,470
食費353,606
衣服49,804
医療44,155
交際費76,887
娯楽費87,020
日用品103,022
子ども費33,177
車諸経費684,155
夫小遣い155,440
特別支出503,844
合計2,647,543


手取り収入350万円ー支出総額260万円=90万円

実は、昨年度90万円の貯蓄しかできなかったんですが、
(以前書いた記事で年間100万円達成!書いたけど、修正しました。)

児童手当は別です。
それから、義母に仕送りを10万円したので、それを考慮すれば、年100万円いってる計算に。
義母に仕送りしてなければ、100万いってるー!!(みっともない言い訳。笑)



我が家は年収500万だけど、家賃が低いのが大きいと思うんですよね。
家賃が6〜7万円のところに住んでると、難しいかな。

車は普通車2台。
田舎じゃ、夫婦で1台ずつって、割と普通かな?
車が1台だけだと、もっと貯金できますね。



ちなみに、こんなにカツカツ予算で、どんな娯楽できるの?ってことですが。

昨年、我が家は予算3万円の1泊2日貧乏(?笑)旅行を2回しました。
夫の実家にも1回帰省(約20万支出)。

大きな娯楽はこれくらいで、あとは小さなものばかりです。
これくらいの娯楽はできます。
正直、も少し娯楽したいです。笑


貯める金額は、ボーナスがなかったら、毎月8万円貯金にするかな。
ボーナスで40万貯められるなら、毎月1.6万円に。
ボーナス25万なら、毎月約4万円。(これは我が家は厳しいな。)


てことで、だらだら書きましたが、結論。
年収500万円で上記のような支出なら、年100万円貯金はできないこともない。
(あ、弱気になった。笑)



みなさんのご家庭、それぞれ環境が違います。
年収500万だけど無理無理!って思われる方や、年収300万だよーって方など。
それを承知で、我が家の場合を書いてみました。

具体的に、電気代はこう節約!とか、食費の節約方法とかだったりは、このブログにちょこちょこ書いてたり、書いてなかったり。笑
なにか、貯めるヒントを得ていただけたら嬉しいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する