電子マネー、家計簿にどう付ける?

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


クレジットカードは、使ったその日に支出にすると書きましたが。

じゃあ、電子マネーはどうするかというと。


私は現在電子マネーは使っていません。
以前はおサイフケータイでEdyを使ってたけど、ケータイが壊れて残高を救出できなかったので、やめました。
なので、以前書いていた方法を書きますね。


まず、スーパー、買い物系(楽天Edy、waon、nanacoなど)の電子マネーの場合。

支払う場合、払う直前に使う分だけチャージします。
(プリペイドの場合)
ちょこちょこチャージするのがめんどくさかったら、ひと月に使う金額がわかっていれば、その分だけチャージ。

で、支払いを済ませたら、その金額を家計簿に書くようにします。
家計簿は、何にどれくらい使ったかが知りたいので、チャージ金額ではなく、支払った金額を書きます。
クレジットカードと同じ感じですね。


一方、鉄道系(Suicaなど)の電子マネーの場合。
たぶん、チャージした金額を書きます。

我が家はみんな電車にほとんど乗らないので、鉄道系の電子マネーを持つことはしばらくないと思いますが。
もし電車の利用回数が増えて鉄道系の電子マネーを利用する場合、チャージした時点で、チャージ金額を書きます。

鉄道系電子マネーは、たぶん鉄道に乗るときしか使わないと思うので、わける必要がないかも、と。
Edyのように、スーパーでも使えたり、服屋でも飲食店でも使えたりすると、それぞれ用途をわけなきゃ、と思うんですが、鉄道系だと、ほぼ鉄道に乗るためですよね。
コンビニでも使えたりするけど、コンビニの場合はクレジットカード使うだろうし。

ひと月に予算を決めて、その分だけチャージして、わざわざ細かく家計簿に書かないと思います。
ただし、電車代を節約したい場合は、細かく書くかも。


オンライン家計簿では、「電子マネー」属性の口座を作っておいて、チャージしたら、現金口座から口座振替の処理をします。


電子マネーって、家計簿の締日に残高がちょこっと残ってる状態が、はじめは気持ち悪いんですよね。笑
でも、家計簿をつける目的って、貯金をするためだと思うので(私はそう)、
家計簿上でちゃんと計算して、貯金分を実際に確保していれば、あとは端数がいくら出ようが、関係ないんです。

だから、締日にちょっと金額が残っていようが、気にしないようにしたほうがいいと思います。
千円以上残ってたら気にするけど、999円以下ならスルー!
それか、律儀に次月分から引くとか。笑
私は何回も残高を計算してたけど、今考えると、どうでもよかったなー。笑



そんな感じで、私の「電子マネーの家計簿への書き方」を書いてみました。
家計簿の付け方って、人それぞれなので、みなさんが納得できる付け方で書くのが一番です。
自分に合った付け方を、見つけてくださいね!
関連記事

tag : 家計簿

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する