スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサードリンク
 

寝室の天井のカビ掃除

スポンサードリンク

冬に加湿器をかけて寝ていたら、寝室の壁の天井にカビが生えてしまいました…。
気付いたのは3週間ほど前。
黒カビが、部屋の隅っこから生えていました。
なるべく夜以外は換気を心がけていたけど、夫が夜勤で昼間寝ていると、開け忘れていたりして、それが原因で生えてしまった気がします。


そのせいなのか、最近私と息子の体調が悪い。
私は鼻水(透明なのと濃い色の)、咳の痛み、頭痛。
3歳の息子も鼻水がすごい。夜中は咳がすごく出ます。
夫は変化なし…。笑

時期的に、花粉症なのか?
それとも黒カビのせいなのか?

病院に行って、花粉症の検査をしようかなとも思ったけど、
とりあえず、黒カビの掃除をしてみることにしました。
これで体調が改善されれば、きっと原因は黒カビ!


とりあえず掃除の準備。
部屋の中の物(布団など)は、全部別室へ。
カーテンも取りました。

カビは吸うとヤバイので、なるべく防備。

・頭にタオル
・口はマスクの上から湿らせたタオル
・メガネ
・ビニール手袋


変な人です。

カビキラーなどの洗剤を使おうかと思ったけど、水拭きが大変そうなのでやめました。
ネットで検索すると、「漂白剤」がいいとのこと。
なかでも、強さは、「塩素系漂白剤>酸素系漂白剤」。
子どもがいて心配!と思う方は、酸素系のほうがよさそう。
でも私は強力な塩素系を使っちゃったけど…。

塩素系漂白剤は、キッチンのふきんを漂白したりするものがあるので、それを使いました。
これを、漂白剤の使い方を見て、「冷蔵庫を拭くとき」の濃度くらいで薄めて500mlのペットボトルに入れ、水で濡らしてしぼった雑巾に掛けて、またしぼって使いました。
注意書きには、「あとで水拭きしてください」とあるけど、しなくてもいいかな…?

その雑巾で、天井を拭いてみることに。

ゴシゴシ…
うん、落ちる!!

これは、漂白剤を付けなくても、水拭きだけでも落ちるかな?

黒カビは天井の隅っこだけかと思っていたら、ほぼ全体に点在していました。
脚立がないので、段ボールなどを積み重ねて不安定な中での作業。
ちょこちょこ移動して、1時間以上格闘しましたが、一応見えるカビは全部拭くことができました。

で、一応、畳もその漂白剤をつけた雑巾で拭きました。
拭いた後に、天井のカスとかが落ちているので、それを掃除機で吸いました。
水拭きはしませんでした。
これで掃除は終了!

掃除が終わった後、服も全部着替えて、即洗濯!
その後、部屋は6時間くらい放置&換気。
夜、布団を敷くとき、なんだか消毒した!!という感じの臭い。


そして寝てみました。
夜中、いつもなら鼻水が出て目が覚めたのに、朝まで寝れました!!
しかも、朝起きて、鼻水がいつもより出ない。
まだ鼻の奥が重たい感じだけど、明らかに掃除前よりは軽い。
花粉症じゃなくて、カビが原因だったのかな!?

息子の方は、掃除前は夜中に咳き込んで起きることが何回かあったけど、昨晩は起きなかったかな?
(夫と寝ていたので、詳しくはわからず。)
朝起きたときは、いつものように咳き込んでいました。
息子の方は、他にも原因があるのかな…?

まだまだ掃除した直後なので、これで私も息子も症状が軽くなっていけば、原因は黒カビだったかなぁとわかりますね。
時期的に、花粉も終わり頃なので、断定はしにくいけど。


で、こんなものを購入。
[送料無料] ペットやカビの消臭・防カビ対策、部屋・タバコの臭い対策にバイオミックス200g(10箇所分)
Amazonで購入
楽天で購入


これを置いておくと、カビを防げるとのこと。
レビューがいいので購入しました。
今回の掃除で取ることができなかった黒カビのカビ取りと、防カビ効果を期待しています。

また届いて、置くときに記事に書きますね。
(時間があったら。)



今回掃除のまとめ。

・部屋の荷物を全部別室へ
・服装は、肌を防備する!
・塩素系(酸素系)漂白剤が効く
・雑巾を濡らしてこすれば取れる
・高いところに上るので、転落注意!


普段使ってない筋肉を使ったみたいで、全身が痛いですが、これで体調がよくなればいいな!
花粉症じゃないといいな。笑
しばらく体調と部屋の様子を観察してみます。

いつもクリックありがとうございます(^^)
にほんブログ村 子育てブログへ
関連記事

tag : 掃除

スポンサードリンク
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。