家計簿の始め方(超初心者の方や続かない方へ)

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


家計簿をこれからスタートする方や、なかなか続かないっていう方、多いと思います。
そういう方のために、おすすめの付け方をいろいろと提案してみたいと思います。

今回は、超初歩的なことからスタートしてみます。
家計簿が続かない方も、参考にしてみてくださいね。


1.まずは、項目を決めずにスタート!


支出の項目をわけずに計算することから始めます。

1.レシートをもらえるときはなるべくもらう
もらわない(自販機で買うなど、もらえない)ときは、携帯電話などのメモに書く。
それがめんどくさいなら、レシートをもらわないものは記入しなくてもOK。
それを、1週間続けてみます。

2.週1回、レシートを計算する
ノートやエクセル、家計簿アプリなどに書き出してください。
(月に1度だと大量になるので、それでもいいという方は月1でもいいと思います。)
チラシの裏でもいいです!
買ったものひとつひとつを書くのではなく、合計だけを書き出してくださいね。

このときのポイントは、
・クレジットカードや電子マネーなどで支払った場合も、現金と分けずに記入
・残高は出さなくてもOK
家計簿の始めは、給料日か、1日スタートがやりやすい
・日付は記入しなくてOK


これで、週にいくら支出なのか、わかります。

現金の残高と、家計簿の残高が合わなくても、気にしないでください。
ここを気にすると、前に進めなくなります。
私は3,000円くらい合わないことがよくあります。汗


3.1ヶ月終われば、1ヶ月で集計する
週の合計を足し、1ヶ月の支出を出してくださいね。

4.慣れるまで続ける
これを、とりあえず、慣れるまで続けてみてください。
ここで大事なのは、とにかく家計簿をつけるということに慣れて、習慣にすることです。
レシートをもらい、書き出し、計算をする。
このことに慣れてください。


A4のコピー用紙に書いてみた。
こんな感じでOKです。
(金額は、テキトーに書きました。)




2.項目を1つ増やしてみる


慣れてきたら、項目を1つ増やしてみてください。

食費か光熱費(水道・ガス・電気)をわけてみてください。
光熱費は、月に2~3回なので、光熱費のほうがハードルが低いです。

外食は、食費に入れないようにします。
食品と同じ会計でラップなどの日用雑貨を買った場合も、わけずに食費に記入でいいです。
とにかく、大雑把で大丈夫です。


A4コピー用紙を横にして、こんな感じに書いてみました。
字が下手ですみません。汗





3.項目を1つずつ増やしていく


2にも慣れてきたら、さらに項目を増やします。

分ける項目は、
・光熱費
・家賃
・食費
・携帯電話代
・医療費
・日用雑費
・お小遣い代
・保険
・貯蓄
などなど。

一度にたくさん増やすと、わけがわからなくなると思います。
慣れてきたら1つ増やす、というふうにしてくださいね。

さらに慣れてきたら、自分の家計に合った項目を増やしていきます。
車を持っている方は、車諸経費。
電車通勤の方は、通勤費。
子どもがいる方は、子ども費。
などなど。



4.収入から支出を引く


月の支出がだいたいわかれば、あとは収入から引くだけです。
黒字なのか、赤字なのかがわかりますね。


◆◆◆◆◆


これで、基本的な家計簿の付け方が習慣化すると思います。
とにかく、無理のないように続けてみてください。
もし項目をわけるのがめんどくさくなれば、また項目を減らせばいいだけです。
毎日やらなくても、週1回、慣れてくれば、2週間に1度や、あいた時間にまとめてやればいいだけです。


これが慣れてくれば、さらに付け方を細かくしていきますが、その方法については、また時間があるときに書いてみますね。


というわけで、とりあえず、家計簿が続かない方や超初心者の方のために、どうしたら続けられるか考えてみました。
これは、1つの方法なので、これで続けられる方はできると思うし、できない方はできないと思いますが、また別の方法も考えてみたいと思うので、また見に来てくださいね(^^)
関連記事

tag : 家計簿

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)