水疱瘡のまとめ

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3歳の息子の水疱瘡が治り、登園OKになりました。

息子がどんな症状だったか、記録として残しておこうと思います。


★水疱瘡の経過

数週間前、保育園で水疱瘡が流行っていると聞く。

息子「お尻が痛い」と言う。
肛門を見ると、真っ赤。
(今思えば、このとき発疹が出てたかも)

1日目(土曜日)
お尻にポツポツと2か所くらいの発疹が出る。
私は「ダニかな?」と思う。

2日目(日曜日)
体にも発疹が出始める。
私、「またダニ?でも一緒に寝てる私は大丈夫だけど」と、疑う。

3日目(月曜日)
顔にも発疹が出てるのを見て、「あぁ!水疱瘡?」と気付く(←遅いだろ)。
通院。
水疱瘡の診断。
口が痛いと言い、食べ物、飲み物があまり食べれず。

4日目(火曜日)~6日目(木曜日)
新たな発疹ができたりするけど、だんだんカサブタに。

7日目(金曜日)
通院して、登園OKが出る。



★病院で言われたこと

・治るまで1週間くらい。
・発疹の全部がカサブタになるまで登園禁止。
・体温が暖かいと痒くなるから、お風呂はシャワーのがよい。
・薬は5日分出すが、5日分以上飲んでも効果は変わらない。

(登園OKをもらった後)
・免疫が下がってるので、インフルエンザなどをもらいやすい。人の多いところにはしばらく行かないほうがいい。

(症状が軽いと、また水疱瘡になる?の質問に)
・ならないと思う。



★処方薬
・アストリックドライシロップ
(薬の働き)
ウイルスによる感染症の予防。

・フェノール・亜鉛華リニメント「ニッコー」
(薬の働き)
発疹に塗り、痒みを抑える。皮膚を保護する。
→ポチッと塗る感じ。塗り込まない。
乾いたら服を着る。薬が取れたら、また塗るの繰り返し。

・ニポラジン小児用シロップ
(薬の働き)
抗ヒスタミン薬。皮膚疾患などを抑える。



★「口が痛い」というので与えた食事

・コーンポタージュに麩を入れたもの
→ガツガツ食べた!


★その他
6日目から、風邪っぽい症状。
ひどい咳、鼻水。
夕方に微熱。

7日目の通院時に、風邪の症状を伝え、診察してもらい、咳止めなどの薬を処方してもらう。


全体的に症状が軽く、機嫌も良かった。
発疹は全身で30~40個くらいしか出なかった。
塗り薬は、3回くらいしか塗らなかった…。

肛門の周りには3~5個くらいの発疹が出て、一番治り辛くて、「痛い」と言った。

飲み薬は、通院時にOKをもらってからは飲まず、風邪薬に切り替えた。


3日目の発疹の様子↓



◆◆◆◆◆


そんな感じでした。

水疱瘡っていうと、全身にポツポツがたくさんできて、すぐにわかると思ってたんですが、息子はあまり発疹が出なかったので、すぐにわかりませんでした。

はじめはダニかと思ったけど、よくダニにかまれるわけじゃないですよ!!笑


それに、顔にできた発疹は、カサブタにならずに消えていきました。

予防接種をしてないけど、あまりに軽いので、またできるんじゃ!?と心配になり、上記にあるように、「またなりますか?」と小児科の先生に聞いたけど、「ならないと思う」と言われました。
先生、信用してるよ…。




さて、保育園で初めてもらってきた病気は水疱瘡でしたが(保育園じゃないかもしれないけど)、次は何をもらってくるでしょうか?
(何のクイズだ。笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)