楽天でんわを使ってみた

当ブログは『はてなブログ』へ移転しました。

0秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


通話料が半額になるという、楽天でんわ。
詳細はこの記事↓
楽天でんわ!こーゆうの待ってた!


今月使ってみたので、記事にしてみます。


まず、登録から。
スマホでやると早いですよ。


ここからできます。
→楽天でんわ

で、こちらをクリック。


次のページで、楽天会員の方と、そうでない方は、クリックする場所が違います。


名前や住所、クレジットカード情報などを登録するけど、楽天会員の方は、それらを自動入力してくれます。

とりあえず、私は楽天会員なので、楽天会員のほうをクリック。

すると、楽天へのログイン画面が出てくるので、ログインします。

次のページで、「楽天の情報を引き継ぎます。なんたらかんたら」
というページになるので、そこに示された自分の情報に間違いがないか確認し、問題がなければ、「お客様情報入力に進む」をクリック。


次のページで、楽天でんわを使う電話番号を入力。
あとは、自動入力された名前、住所、楽天スーパーポイント口座番号などに間違いがないか確認。
間違いがなければ、「申し込み内容を確認する」をクリック。

次のページで、登録完了です。


次に、アプリを落とします。
こちらから↓


アプリはとてもシンプルで、iPhoneの電話アプリととてもよく似ているので、使いやすいです。
番号を直接打つ場合、キーパッドはこんな感じ。シンプル~


発信履歴。シンプル~


連絡先も、シンプル~


設定にある、無料通話リスト。
ここに登録しておけば、間違って楽天アプリから、無料通話の相手にかけてしまっても、楽天でんわからの発信にはなりません。

このアプリは、通常の電話番号の頭に「003768」をつけて発信してくれるもの。
無料通話リストに登録しておけば、その番号を入れずに発信してくれるので、無料通話でかけられます。

家族は通話料無料なので、こちらに登録。
つまり、既存の電話アプリはもう使わなくても、この楽天でんわアプリだけでOKってことですね。

わーお。

はい、登録してから、アプリを落とし、ここまでの作業、5分もかからずにできました。
早い早い。
これですぐに使えるなんて!
ステキ!


で、実際にかけてみたのですが、感想は最後に書くとして、次は、明細を確認してみます。

明細の確認は、今のところ、ネットで楽天でんわのマイページにログインして見る方法しかないようです。
アプリから確認できればいいのにね。

ログインするときには、登録してから数日後に郵送される書類が必要になります。
その書類に、楽天でんわのマイページにログインするための、IDとパスワードが書いてあります。

捨てちゃダメよ。


楽天でんわのマイページはこちら↓
https://rdenwa.fusioncom.co.jp/mypage_top/

「利用料金の確認」をクリック。


で、IDとパスワードと、明細を見たい月を選択し、「利用料金を確認する」をクリック。



明細が出ました。



2回とも、固定電話に掛けました。
通話料、40円でした。

これ、楽天でんわを使わずにかけると、30秒で21円なので、80円かかります。

それが半額で済んだ~♪わーい♪


ただ、通話料について楽天でんわを使用するときに注意して頂きたいのは、楽天でんわがお得な場合と、そうでない場合があります。
そのことについてはこちら↓の記事に書いたので、参考にしてみてくださいね。
楽天でんわと050plusの通話料を比較(固定電話編)



で、これ、締日や請求日はいつかな?と調べると、「締日は毎月10日、請求日は翌月中旬にクレジットカードに請求」とのこと。

また、微妙な締日だなー。笑
携帯電話と一緒だけども。
月末締めにしてくれればいいのにね。





では、実際に楽天でんわを使ってかけてみた感想です。

子どもが通う保育園に、休みの電話を入れるだけの、数分程度を何回か使ってみました。

数回タップするたけで、通話開始。すばやい。

通話品質は、ちょっと途切れたかな?と思う時があったけど、わずかな時間だったので、まだなんとも言えないです、すみません。

ただ、ちゃんとかけられましたよー♪



こんな感じで、簡単に登録できて、利用も簡単です。
他のお得な割引サービスが出なければ、スマホから固定電話にかけるときは、これからも楽天でんわを利用すると思います。
今回の私の通話料の場合、わずか40円のお得でしたが、通話料を少しでも安くしたい方は、利用してみてくださいね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)